2015年9月23日水曜日

ラグビーW杯 ジャパンが南アフリカに勝てた7つの理由

ラグビーワールドカップ2015が幕を開け、ジャパンが南アフリカに歴史的勝利をおさめた。
深夜にもかかわらず熱く興奮し鳥肌が立った。涙した。忘れられない一日となった。


連日メディアでは「奇跡」「大事件」と報道され、ラグビーファンであるほど南アフリカの強さを知っているため予想し得なかった勝利だったはずだ。
しかしエディHCや岩渕GM、そして選手たちは「勝つために準備してきた」「厳しい練習の延長線上で価値があった」とし、既に予選突破に向けて次の試合に意識が向いている。
2019年のワールドカップ自国開催に向けて、選手やスタッフの意識の高さに驚く。

岩渕GM氏の試合後のコメントは以下の通り。
私自身の気持ちは、意外なほど落ち着いています。私たちは、この試合に勝つためだけに数週間、数カ月前から準備をしてきたわけではないからです。むしろ今回の試合結果は、あくまでも世界に勝てるチーム作りを目指していく上での1つのステップ、4年前からやってきた練習の積み重ねの結果に過ぎないとも言えます。
その意味で今回の勝利は、奇跡の勝利などでもありません。 
ラグビー界の常識から見れば、日本の勝利は奇跡のように映るでしょう。しかし私たちが取り組んできたのは、奇跡の力などに頼らなくても勝てるようにする――当たり前のプレーを、当たり前のようにできるチームを作ることでした。 
(中略)今回の勝利は、スーパーラグビーへの参戦、そして2019年には世界でベスト4に入り、W杯日本大会が始まる際には優勝を狙えると公言できるようなっておくという目標を達成するためのステップでしかありません。(NumberWebより
ジャパンがいかに意識改革して試合に臨んでいるか、そして目標を実現するための準備を徹底して行なってきたかが分かる。

今回のジャパンの勝因は各メディアや解説者が分析しており、岩渕GMは相手に力負けしなかったのが最大の勝因になったと語っている。
果たして過去大会と比較して何が違ったのか。
一ファンとしてワールドカップで勝利した理由を7つにまとめてみた。

①ハンドリングエラーの少なさ
極度の緊張や相手ディフェンスのプレッシャーからか、過去の大会で目立ったのがハンドリングエラーの多さ。
ジャパンが勝つために「素早いパスまわしをする」ということは今までも語られてきた事だが、ノックオンでアタックが続かない事がしばしば見受けられた。
それが今回はほとんどハンドリングエラーをしていない。
これもプレッシャーのかかる場面を想定して意識の高い練習をしてきた成果なのだろう。
また天候がよくワイドに展開したいジャパンには好条件だったとも言える。

②セットプレーの安定感
アタックの起点になる「スクラム」「ラインアウト」がとても安定していた。
スクラムは素早く球出しすることで相手のパワーを無力化していたし、ラインアウトは多くのサインプレーにより的を絞らせなかった。
1つめのトライはラインアウトからのモール、2つめのトライはラインアウトからのBKのサインプレー、3つめのトライはスクラムからと、セットプレーから全てのトライに結びついた。
スクラムはマルク・ダルマゾ氏(元フランス代表)、ラインアウトはボーズウィック氏(元イングランド代表)と、両FWコーチによる成果といえるのだろう。

③ディフェンス、ディフェンス、ディフェンス
とにかくディフェンスが素晴らしかった。受ける事なく前に出てタックルをし続けた。
特にラインアウトのディフェンスでは、極端なくらい上がりが速かった。
大きい相手に徹底して2人でタックルをし、タックル後にはすぐに起き上がってまたタックル。その繰り返しは圧倒的だった。
だからこそ反則も少なく相手が攻めるチャンスを与えなかった。
そして自陣に攻め込まれているシーンで幾度となく南アフリカからターンオーバーをし相手のチャンスを潰すことができた。

④リザーブメンバーの活躍
代表メンバー全員が厳しい練習を共にし、テストマッチや海外遠征も豊富に積んできただけに選手層が厚い。
後半メンバーが大きく入れ替わっても流れは切れず、むしろペースアップしたのだから驚く。
そしてジャパンにもインパクトプレーヤーがいたことは衝撃を与えた。
フランスのシャバル、オールブラックスのソニー・ビル・ウイリアムズなど、強国には試合が停滞しているときに流れを変えるインパクトプレーヤーがいる。
今回オールブラックスとアルゼンチンの試合では、なかなか試合のペースが掴めないオールブラックスは途中からソニー・ビル・ウイリアムズを入れ見事に主導権を握る事ができた。
今回ジャパンでそのシーンが見られるとは思わなかった。
アマナキ・レレイ・マフィは交替後に、いきなり相手選手を吹っ飛ばし強烈なインパクを残した。その後も何度もゲイン突破でジャパンに推進力を与えた。
小兵のジャパンにこんなにフィジカルの強い選手がいるのかと相手は警戒したのではないか。味方もそのプレーで精神的に優位にたったはずだ。
最後にトライを決めたヘスケスも素晴らしかった

⑤驚異的なフィットネス
前半までは善戦する、でも後半20分以降は足が止まって差が開く。これはワールドカップでいつも見る光景だ。
ラグビーはコンタクトプレーが続くため、体格差の劣る日本はコンタクトプレーで蓄積された疲労が後半テキメンに表れる。
でも今回は違った。むしろ後半20分以降に相手の足は止まり日本は走り続けた。
ラストプレーでの逆転トライがまさにその結果だ。
15人平均で身長6センチ、体重6キロ重い相手に計127回のタックル(南アは102回)をしており疲労度は相当なもの。
それでも最後までは走り続けられるというのは驚異的なフィットネスだ。

⑥奇策
左右高低に蹴るキックオフでは、相手の高さや走力を無力化にした。
素早い球入れやキャッチング後にポイントをずらすラインアウトでは、的を絞らせず常に警戒心を与え続けた。
ワールドカップという大舞台では相手に飲まれることが多かったジャパンだが、南アフリカ対策の奇策で相手はペースを掴む事ができなかった。
しかし南アフリカ相手にパニックにならず奇策を仕掛けることができたのも、フィットネスの高さから冷静な判断力が継続できたからだろう。

⑦気持ちの充実
試合を通して印象的だったのは選手が時折見せる笑顔だ。
ハードワークしながらも試合を楽しんでいるようでもあった。
世界一過酷なトレーニングを積んできたという自信がそうさせているのだろうか。
王者に対して真正面から戦うひたむきな姿勢は、会場を震わせ大きなジャパンコールにもつながった。
漫画スラムダンクでの湘北と山王工業の試合が現実に起こったのだ。
まさに心技体の充実。勝ちにこだわり続けた精神力、心のコンディションづくりが素晴らしかった。

日本ラグビーの歴史が変わった試合をリアルタイムで体感する事ができた幸運に感謝。
感動をありがとうございました。



2015年8月30日日曜日

【BOOK MEMO】コンテンツの秘密

コンテンツの秘密 ぼくがジブリで考えたこと (著)川上 量生

 

川上氏が、ジブリの鈴木プロデューサーや、宮崎駿、高畑勲、庵野秀明など名監督たちとの会話をヒントにコンテンツの定義について追求した本で、一つ一つの疑問を理論的に紐解いているため非常に面白い。

本書の本質とは異なるが、興味深かったエピソードを幾つかピックアップ。

1990年代にミリオンヒットを連発したビーインググループの創業者である長戸大幸氏によると、ボーカルの才能でいちばん重要な要素は歌詞がはっきりと聴き取りやすい声質であること。
当時ビーイングでは、街の雑音の中でも曲の歌詞が聞き取れるように、曲に比べてボーカルの音量を大きめのバランスに設定したという。カラオケの大流行もあり歌詞が聴き取りやすい事が重要だったのだそうだ。
音楽のプロやマニアからするとバランスが悪く聞こえるかもしれないが、ふつうの人ほど歌詞が聴き取りやすくて分かりやすい音楽を選ぶという。

また川上氏が手掛けたドワンゴの着メロ制作において、当初優秀な音大生に制作を依頼したところ、ふつうの人よりも多くの楽器の音を聞き分けられるため原曲に近い着メロをつくるのだが、高校生にはやかましく感じてしまい評判が悪かったという。楽器の音の数は本物に近いのにむしろ本物に聞こえないという矛盾が起きたそうだ。
さらに音大生は音割れを嫌いボリュームを調整していたが、高校生はたとえ音が割れても、音が大きいほうが質の高い着メロと判断する事が実験の結果としてわかったという。

これらから川上氏は以下のようにまとめている。

“コンテンツのつくり手側の人たちは、プロであればあるほど、とかく「本物」を届ける事にこだわりがちです。しかし長戸大幸さんがボーカルの声の聴き取りやすさを重視した例や、ぼくらの着メロサイトが音圧をあげる事で支持された例のように、一般の消費者のなかでも感度の高い人たちこそ、プロやマニアが軽視しがちなコンテンツの原初的な特徴の「分かりやすさ」を求める傾向があるというのは、まじめに受け止める事実であるようにぼくは思います。”

プロデューサーの立場として「ふつうの人はどう感じるのか」という顧客視点の重要性を感じるエピソードである。

もう一つはコンテンツのパターン化とオリジナリティについて。

インターネットの登場でユーザー自身がコンテンツをつくり発表できる場が増え、総クリエイター時代といわれて久しい。集合知という言葉が流行り、UGCサイトは世界中のユーザーがコンテンツをつくるので競争も生まれクオリティが上がると言われていた。

しかし川上氏はユーザーが自由にコンテンツをつくるUGCサイトは、コンテンツの実質的な多様性を減らす作用があるという。

“一般にユーザーが望むコンテンツのパターンというのは、実は少ないのです。ユーザーの欲望に忠実であろうとすればするほど、できあがるコンテンツは画一化してしまいます。UGCサイトではユーザーが無料でたくさんコンテンツをつくるから、競争の結果質も上がるし、多様性もあるというのは嘘であり、競争をおこなえばおこなうほど多様性は減っていくのです。
コンテンツの多様性を守るためには激しい競争(お金が儲かる)をしてはいけないのです。”

見せ方は違えど、現在のソーシャルゲームも、いかにも違った作品のように見せているがパターンは同じとのこと。これは音楽や映画、書籍の世界でもいえることだろう。

プロデュースの上ではユーザー視点が必要である一方で、コンテンツ制作の上ではユーザーの欲望に忠実である必要はない。
以前から意識しているが、このバランス感覚は重要に思う。


2015年8月21日金曜日

【BOOK MEMO】ザ・プラットフォーム

ザ・プラットフォーム (著)尾原和啓



6〜7年前にAppleが「iTunes」「iTunes Store」「appleTV」でプラットフォーム化を始めたり、地デジの開始やスマートフォンの広がりでインターネットと生活が密接になったこともあり「プラットフォーム」という言葉は本屋などでもよく見かけたが、最近また改めて話題になる事が多い。

ITにおける「プラットフォーム」の意味合いとして、以前はリアルとネットをボーダレスにしタッチポイントを増やす事でユーザーを囲い込むことを目指していた印象だが、現在はソーシャルメディアなどユーザー参加型で形成される事が多いからかネット内においてユーザーを囲い込むことが目的になっているように感じる。
これもまた、ネットが「オープン」から「クローズド」へ時代が流れているからなのか。

特にメモとして残したいポイントを本書より抜粋。

“グーグルは検索エンジンの結果を、それおれ個人の履歴にもとづいて「パーソナライゼーション」しようとしました。ウェブページを見た履歴や、どんなキーワードで検索したかを分析しながら検索結果を出すことで、使う人にとってより便利で心地のいいものにしようとしたのです。パーソナライズをする方が、そのサービスをより長く使ってくれる傾向が高まるのです。 
しかし、そうした施策が必ずしもいいことだとはかぎりません。グーグルが私たちの気づかないあいだ、知らず知らずのうちに検索結果をパーソナライズして表示しているとしたら、私たちは新しい情報に触れる機会を失ってしまいます。さらには、自分にとって都合のよい結果だけが表示される事で、自分が今抱いている世界観をより強固にするばかりで、自己批判する事ができなくなってしまいます。”

“海外のECサイトのように、商品のスペックだけを記した簡素なページにしてしまうと、そこで人気になる商品は「最安値」や「納期最短」だけになってしまいます。つまり、すでにほしい商品がはっきりとしている人が、単にわかりやすく得しそうな商品を買うだけの場になってしまうのです。 
それに対して、楽天の店舗ページのデザインは、各店舗が試行錯誤のなかでたどり着いたものです。個別ページの編集権を楽天が店舗にゆずりわたすことで、さまざまな試行錯誤が生まれたのです。それはロングテールとして存在する個性豊かな店舗たちが、一見してわかりづらいけれども個性的で魅力あふれた商品を売りたいと考え、そこで店舗と客の間に生まれる濃い接客のライブ感を大事にしたいと考えた結果として、生まれたものです。だからこそ、楽天の店舗ページは長くならざるを得ません。その商品が生まれたストーリーや店舗の思いが、ロングページで上から下へと語られていくのです。 
これこそがユーザーが心の中に物語を生み出す「商品を買いたくなるインターフェイス」なのです。言い換えれば、楽天は目的を持ってすぐに買い物を終わらせたい「検索買い」ではなく、迷う事も楽しむウィンドウショッピングのような「探索買い」なのです。 
こうした「探索買い」はスマートフォンの時代になればなるほど、増えていくだろうと私な考えております。「リーンバック(体を後ろに傾ける)」の時代になるほどインターネットへの向き合い方は受動的になり、ソファやベッドでだらだらと使うものになってきているのです。つまり「これを買う」という目的もなく「なにかほしいものがあったかな」と探索しながら買い物をするようになるのです。”

ソーシャルメディアでの活動は嗜好性の合うクラスタやコミュニティで形成される事が多くどうしても視野が狭くなりがち。また関連商品や関連動画などのレコメンド機能も目先のCTRやCVRを高める機能としては貢献するが、多様性を提供できずマーケットの拡張にはつながりづらい。
期待されていたキュレーションメディアにしても、ほとんどがYahoo!ニュースと同じで各メディアの記事を選別して提供しているだけで本当の意味でのキュレーション機能は果たされていないように思う。

楽天の話は興味深いですね。インターネットが普及する前から、自らのフィルターを通して新しい発見や気づきを提供してきたショップスタッフには一日の長があるので、そのノウハウをオウンドメディアで活かし付加価値を提供できれば「最安値」や「納期最短」の争いから抜け出せることも期待できそうです。